第21回 入間市環境まちづくり会議総会 
 
  令和3年度入間市環境まちづくり会議 総会議決結果(令和3年6月3日)

  書面による採決の結果下記の通りです。

第1号議案  令和2年度事業報告  賛成403  反対0
第2号議案  令和2年度収支決算報告  賛成403  反対0
第3号議案  正副会長の選任について   賛成403  反対0
第4号議案  令和3年度事業計画(案)  賛成403  反対0
第5号議案  令和3年度収支予算(案)  賛成403  反対0

 【結果】 すべての議案について、過半数の賛成により可決されました。
       皆様のご協力、誠にありがとうございました。








 
  令和3年3月 入間市環境まちづくり会議運営委員会 会議概要 
   1 日 時
  令和3年3月25日(木) 午後7時00分〜午後8時15分

2 場 所
  市民活動センター 3階 活動室2


3 出席者
  委員:木内 勝司 会長、新井 格 副会長、二宮 小百合 副会長、青木 浩樹 委員、
      岡村 秀洋 委員、幸森 康夫 委員、田中 智義 委員、本多 進 委員、
      宮 佳武 委員、宮澤 健次 委員、森谷 秀一 委員、山田 通 委員(12名)
  事務局:中村主幹、友野副主幹、下平技師補

4 配布資料
 〇入間市環境まちづくり会議運営委員会 次第
 〇令和3年度 第21回 入間市環境まちづくり会議総会
 〇令和元年度の会計資料における監査での指摘事項について
 〇ダイエットコンクール応募一覧表(2020年冬)


5 協議事項(進行:二ノ宮副会長)
 (1)令和3年度の役員改選について(説明:事務局)
  ・5月の総会をもって、運営委員の任期満了。
  ・会長・副会長・会計は、現職者が留任する案に決定した。
  ・各団体(工業会、いるま野農業協同組合、衛生自治会、連合区長会、PTA連合会)
   から選出された委員には、各団体へ推薦依頼を送付することを説明。
  ・森谷委員、幸森委員は運営委員の継続を内諾。
  ・欠席した轟 委員・川名 委員には、運営委員の継続について事務局から意思確認
   をする。
  ・監事は、木内会長から現職者に再任を打診する。
   運営委員会後、監事の再任について現職者から了解を得たと木内会長から報告
   あり。
  ・広報いるま3月1日号で次期運営委員を募集したところ、「森 友和 氏」から応募が
   あったことを報告。
 (2)令和3年度総会について(説明:事務局)
  ・令和3年度の総会は5月15日(土) 午後2時30分から藤沢公民館 大会議室にて
   開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、書面表決
   にて開催することに決定した。
 (3)令和3年度総会資料について(説明:事務局)
   議案第1〜5号を説明。
   ・議案第2号 令和2年度入間市環境まちづくり会議収支決算書
    支出の比較増減が、支出済額から予算額を引いているので、誤解するとの意見あり。
    (議案第5号 令和3年度入間市環境まちづくり会議収支予算書(案)についても
    同様)
   ・議案第4号 令和3年度入間市環境まちづくり会議事業計画(案)
    基本方針 基本施策の表記だけでは、分かりにくいので、「第三次入間市環境基本
    計画を表記する。
    今後、上記に関する総会資料の変更については、会長・副会長・会計が確認する。

6 その他
  ・令和元年度の会計資料における監査での石本監事からの指摘事項を報告。
  ・会報の作成について報告(総会資料と併せて発送)。
  ・事務局の人事異動について報告。



 令和2年11月 入間市環境まちづくり会議運営委員会 会議概要
   1 日 時
  令和2年11月20日(金) 午後7時00分〜午後8時10分

2 場 所
  市民活動センター 3階 活動室3

3 出席者
  委員:木内 勝司 会長、新井 格 副会長、二宮 小百合 副会長、 岡村 秀洋 委員、
      片居木 晃美 委員、幸森 康夫 委員、本多 進 委員、宮澤 健次 委員、
      森谷 秀一 委員、山田 通 委員(10名)
  事務局:中村主幹、友野副主幹、下平技師補

4 配布資料
  〇入間市環境まちづくり会議運営委員会 次第
  〇資料1 エコライフDAY2020年夏結果報告
  〇資料2 ダイエットコンクール応募一覧表(2020年夏)
  〇資料3 ごみ・たばこの量(平均)
  〇資料4 令和2年度入間市環境まちづくり会議事業計画
  〇入間市環境まちづくり会議 会報30号
  〇参考資料 「第三次入間市環境基本計画【概要版】」
  〇チラシ 「令和2年度入間市環境市民講座」

5 報告事項(進行:二ノ宮副会長)
  (1)令和2年度団体選出運営委員について
    新たに団体から選出された方がいるので、自己紹介を行った。
  (2)温暖化防止部会より(説明:本多委員)
    ・2020年夏のエコライフDAYとダイエットコンクールの結果を報告。
    ・エコライフDAY2019年冬の取組が、事業所等のその他団体部門で、
     県内2位の参加だったことを報告。
  (3)ごみひろい隊より(説明:本多委員)
    2006年から2019年までのごみとたばこの量について報告。 また、今年度は
    新型コロナウイルスの影響で活動を休止中。

6 協議事項(進行:二ノ宮副会長)
  (1)令和2年度の事業について(説明:事務局)
    【環境ウォーキング】
    他団体で10月にウォーキング等の事業を実施しているので、環境ウォーキングの
    実施を提案したかったが、最近になって新型コロナウイルスの感染者数が急増して
    いることから、実施について協議した。
   ・広報いるま(3月1日号)に参加者の募集記事を掲載する場合、今回の運営委員会で
    実施するか結論を出さなくてはならない。また、12月末までに開催日時やウォーキ
    ングコース等の概要を決める必要がある。(事務局)
   ・実施しないほうがよいとの意見あり。
   ・食事(芋煮)を提供せずにウォーキングだけであれば、実施してもよいのではない
    かとの意見あり。
   ・広報いるま(3月1日号)に参加者の募集記事を掲載しない場合、実施の判断を
    先送りすることは可能。(事務局)
   【協議結果】
    今後の新型コロナウイルスの感染状況を見ながら実施について、1月末を目安に
    会長、副会長と事務局で結論を出す。実施する場合は、参加者の募集をホーム
    ページや公民館等にチラシを設置する。また、感染予防として芋煮は提供しない。
  (2)会報の作成について(説明:事務局)
    例年の会報は、実施した事業の記事を掲載している。しかし、今年度は新型コロナ
    ウイルスの影響で事業を実施していないので、会報の作成について協議した。
    ・会報を作成した方が良いとの意見あり。(反対意見なし)
    ・会報に、新型コロナウイルス感染症の影響で、事業が行えない困難な状況で
     あったという記事と、ごみひろい隊が市民憲章で表彰されたことを掲載しては
     との意見あり。
   【協議結果】
    会報は作成する。担当は新井副会長、森谷委員に決定。なお、担当以外の委員
    も原稿作成の協力をお願いする。
    また、会報は例年3月に発送してたが、郵送費の支出を削減するため、次年度に
    総会の案内通知と併せて発送する。

    12月8日、新井副会長、森谷委員と事務局で会報の掲載内容について 協議し、
    会長のあいさつ、ごみひろい隊の活動、エコライフDAYの取組結果、環境市民
    講座などを掲載することに決定した。

  (3)令和3年度の総会について(説明:事務局)
    総会の日程と会場について協議した。
   【協議結果】
    令和3年度の総会を4月24日(土)、5月8日(土)、5月15日(土)のいずれ
    か。開催時間は、午後2時からとすることに決定。
    なお、総会後の講演会の実施については、次回の運営委員会で判断する。
    また、講演会を行う場合は、今年度講演予定であった(株)テラダイ 寺園社長
    (入間市工業会会長にお願いする。講師依頼については、工業会事務局から
    寺園社長へ打診する。
  (4)令和3年度の役員改選について(説明:事務局)
    次年度の会長、副会長、会計の候補者を次回の運営委員会で選出する。
    また、新しい運営委員を広報いるま3月1日号で募集する。

7 その他
  ・第三次入間市環境基本計画が策定されたことの報告。
  ・環境市民講座を開催することを報告。
  ・次回の運営委員会について、2月頃に通知する



 
第20回 入間市環境まちづくり会議総会
 
  令和2年度入間市環境まちづくり会議 総会議決結果(令和2年6月5日)

  書面による採決の結果下記の通りです。

  第1号議案  令和元年度事業報告  賛成405  反対0
  第2号議案  令和元年度収支決算報告  賛成405  反対0
  第3号議案  令和2年度事業計画(案)   賛成404  反対0
  第4号議案  令和2年度収支予算(案)  賛成405  反対0

  結果

  全ての議案について、過半数の賛成により可決されました。皆様のご協力、誠にありが
  とうございました。






 
  令和元年12月 入間市環境まちづくり会議運営委員会 会議概要 
1 日 時
  令和元年12月10日(火) 午後7時00分〜午後8時00分

2 場 所
  市民活動センター 3階 活動室3

3 出席者
  委 員:木内 勝司 会長、新井 格 副会長、二ノ宮 小百合 副会長、岡村 季洋 委員、
      本多 進 委員、森谷 秀一 委員、山田 通 委員
  事務局:中村主幹、友野副主幹

4 配布資料
  ○入間市環境まちづくり会議運営委員会 次第
  ○資料1 報告書「市内企業見学会」
  ○資料2 報告書「第8回いるま環境フェア」
  ○資料3 報告書「東芝未来科学館・JAL工場見学会」
  ○資料4 エコライフDAY(2019 年夏)結果報告
  ○資料5 報告書「環境ウォーキング」
  ○資料6 まちづくり会議総会後の講演会について
  ○資料7 入間市環境まちづくり会議 予算執行状況
  ○チラシ「彩の国家庭の省エネ推進キャンペーン」

5 報告事項
  (1)市内企業見学会の実施報告(説明:事務局)
     怪我や事故もなく無事に見学会を終えたことを報告。
     本多委員:渇怦苟gの見学時間(1時間)が足りず、見学出来なかった施設等が
     あった。見学時間の検討が必要。
  (2)いるま環境フェア実行委員会より(説明:事務局)
    第8回いるま環境フェアの開催について報告。今回初めて、入間市環境まちづくり
    会議の活動を パネル展示で紹介した。来場者数を調査していないが、来場者
    アンケートの回答者は129人。
  (3)地球温暖化防止部会より(説明:本多委員)
    「東芝未来科学館・JAL工場見学会」及び「エコライフDAY(2019 年夏)の結果」
    を報告。
  (4)その他
    報告事項なし

6 協議事項
  (1)環境ウォーキングの感想・反省
    ・例年よりも参加者が少なかったが、他のウォーキング事業やイベント等が重なった
     のか。
    ・入間川で説明があったので、霞川でも説明してほしいと参加者に言われた。
    ・台風の影響で当初予定していたコースと変わったが、入間川の台風の影響を
     見ることが出来たので、参加者には良い経験になったと思う。
    ・ゴール(まちや公園)にまちづくり会議ののぼり旗を多く設置したので、アピール
     になりとて も良かった。
    ・予定外だったが市長に挨拶をもらえたので、セレモニーが引き締まって
     良かった。
    ・西洋館や豊岡教会などの文化財を巡るコースも検討してはどうか。
    ・来年度は、今回のコースを活かすか早めに検討が必要。
    ・ノルディックIRUMAに協力をお願いしなかったが、来年度は協力のお願いについて
     再度検討する。
  (2)令和2年度総会後の講演会の講師について
    令和2年度の総会を5月30日(土)に予定している。総会後の講演会の講師につ
    いては、平成 30年度の講師選定時に、市内企業に講師を依頼する方針が決まり、
    渇怦苟gに講師をお願いした。今年度は3月に開催した運営委員会で、吉岡製油
    と次点でカネパッケージ鰍ヨ講師を依頼 することが決定し、2社へ打診するも都合
    が合わず断られた。その後、駿河台大学名誉教授の吉田邦久先生へ依頼したが
    断られ、5月上旬(ゴールデンウイーク以降)にかわごえ環境ネット小瀬博之氏に
    決定した。
    講師の決定まで期間を要すること、また、講師のスケジュールを確保するため、
    今回、講師の候補について協議した。
    ・講師は入間市に馴染みのある企業(入間市工業会の加入企業)にお願いしたい。
    ・見学会のカネパッケージ鰍フ説明は聞きやすかった。カネパッケージ鰍ノ依頼して
     はどうか。
    ・5月は総会や式典等が多く行われる時期なので、カネパッケージ鰍ェ講師を断る
     可能性もある。
     その場合、次点の企業はどこか。
    ・工業会の企業に講演を依頼するので、潟eラダイ 寺園社長(入間市工業会 会長
     )に、講演を行う企業について相談する。【岡村委員】
   ※12月25日(水)、潟eラダイ 寺園社長へ講演を依頼したところ、承諾をいただき
     ました。潟eラダイの環境に関する取り組みや入間市工業会の活動について講演
     頂く予定です。

7 その他
  ○予算執行状況について
    今後、189,340円の支出が見込まれる。そのうち、事業費
    A地球温暖化防止部会:7,074円
    D環境アドバイザー支援:2,000円が予算額を上回るが、協議の結果
    予算超過について承認を得た。
以上


 令和元年5月 入間市環境まちづくり会議運営委員会 会議概要

1 日 時
  令和元年5月25日(土) 午後1時00分〜午後1時20分
2 場 所
  産業文化センター2階 集会室
3 出席者
  委 員:木内会長、二ノ宮副会長、新井副会長、幸森委員、森谷委員、山田委員、
      岡村委員、 師岡委員、吉川委員、本多委員 (10名)
  事務局:浅川課長、中村主幹、友野副主幹
4 配布資料
  ○入間市環境まちづくり会議運営委員会 次第
  ○入間市環境まちづくり会議総会/講演会の役割分担について・運営委員(名簿)
  ○入間市路上喫煙防止啓発キャンペーン実施要領/路上喫煙防止キャンペーンについて

5 総会の進行及び役割確認
  総会及び講演会の役割と進行を確認。

6 報告事項
  (1)路上喫煙防止キャンペーンに実施について
    西部地域まちづくり協議会(所沢市、飯能市、狭山市、日高市、入間市)による
    ポイ捨て、歩きたばこを無くすための啓発キャンペーンを実施する。
    日時:令和元年7月2日(火) 午後6時00分から1時間程度(小雨決行)
    場所:入間市駅、武蔵藤沢駅、仏子駅、元加治駅、金子駅
        参加いただける場合は、6月25日(火)までに、事務局まで連絡する。
  (2)第8回いるま環境フェアの開催について
         多くの参加及び来場を願う。
    日時:令和元年10月6日(日) 午前10時00分から午後3時00分まで
    場所:入間市産業文化センター
 
7 協議事項
  (1)市内企業見学会の企画・運営担当者について
     見学先企業の選定や行程などの企画を行う。
     担当は、岡村委員、本多委員に決定。
  (2)環境ウォーキングの企画・運営の担当者について
    主にコースの選定(新コース、既存コースの検証)を行う。
    担当は、木内会長、新井副会長、森谷委員に決定。
  (3)会報作成の担当者について
    会報の掲載記事の選定や記事の配置等をデザインする。
    担当は、新井副会長、森谷委員に決定。
    なお、上記の担当以外の委員も、運営については協力する。

8 その他
   次回運営委員会は9月に開催する。(日時未定)

 
平成31年4月 入間市環境まちづくり会議運営委員会 会議概要
 
1 日 時
   平成31年4月17日(月) 午後7時00分〜午後9時00分

2 場 所

   市民活動センター 3階 活動室3

3 出席者

   委 員:木内 勝司 会長、二ノ宮 小百合 副会長、幸森 康夫 委員、森谷 秀一 委員、
       山田 通 委員、岡村 季洋 委員、吉川 清 委員、本多 進 委員 (8名)
  事務局:浅川課長、中村主幹、友野副主幹

4 配布資料 

  ○入間市環境まちづくり会議運営委員会 次第
  ○令和元年度入間市環境まちづくり会議総会
  ○令和元年度入間市環境まちづくり会議収支予算書
  ○各団体の招待者一覧表
  ○埼玉県環境科学国際センター 出前講座テーマ一覧
  ○入間市環境まちづくり会議総会・講演会 役割分担

5 報告事項
   (1)運営委員募集の結果
     4月1日〜15日の間で、広報いるまで運営委員を募集した結果、応募は無かった。
   (2)団体推薦の委員について
     運営委員の任期満了に伴い、次の団体より運営委員が推薦された。
     いるま野農協:青木 浩樹さん
     連合区長会:吉川 清さん(宮寺・二本木地区区長会)
     工業会:岡村 季洋さん
     なお、青年会議所:木村 剛さんは、依頼する前に既に決定していた。
     また、衛生自治会、PTA連合会には、4月26日までの推薦を依頼している。

6 協議事項
  (1)総会資料について
    総会資料の内容を協議し、以下のとおり変更及び補足する。
   ・平成30年度収支決算書
    ア)1総務費A啓発品は、予算額より15,100円上回っているため、超過した理由
      (購入数量を増やした理由)を明確にする。
    イ)3事業費@ごみひろい隊は、予算額より45,376円と大幅に上回っているため、
      支出の内訳を含め、理由を明確にする。
   ・令和元年度入間市環境まちづくり会議年間予定表
     年号は、平成(4月)と令和(5月〜3月)をそれぞれ表記する。
   ・令和元年度収支予算書(案)
    ア)収入及び支出の合計額を、580,000円にする。
    イ)雑収入を、1,000円から276円に変更する。
    ウ)1総務費@通信費を、75,000円から65,000円に変更する。
      また、前年度予算額より大幅に増額したので、積算根拠を明確にする。
    エ)1総務費A啓発品を、0円から10,000円に変更する。
    オ)1総務費B事務費を、21,000円から20,000円に変更する。
    カ)5予備費を1,000円から1,276円に変更する。
   ・地球温暖化防止部会2019年度活動計画(10ページ)
    第8回いるま環境フェアの日にちを10月6日に修正する。

  (2)総会の来賓について
    事務局で調査したところ、他団体の総会と比べ、環境まちづくり会議で招待する来賓者が
    多いため、来賓者について協議した。
    その結果、例年どおり衆議院議員、埼玉県議会議員、市議会議長、入間市長を招待する
    ことに決定した。
    なお、衆議院議員を招待するようになった理由を、現運営委員・事務局で知る者は
    いない。

  (3)講演会の講師について
   ・第1候補の吉岡製油求A第2候補のカネパッケージ鰍ノ対し、工業会事務局が講師につ
     いて打診したところ日程が合わず断られた。
     そのため、工業会事務局が環境フェアに参加した企業へ講師を打診したが、全て
     断られた。講師が見つからない状況で、講演会の実施について協議した。
   ・事務局より資料を参考に、埼玉県環境科学国際センターの出前講座を紹介するも、講座
    テーマが専門的すぎるとの意見などから出前講座は見送られた。
   ・木内会長より駿河台大学名誉教授の吉田邦久先生の講演が提案されたが、吉田先生への
    講師の打診は、本日欠席の新井副会長にお願いすることとなった。(木内会長から新井副
    会長へ説明する)

  (4)総会当日の役割について
    別紙のとおり決定した。(各担当者はほぼ例年どおり。) )

7 その他
  次回運営委員会は、総会前に行う。
  日時 5月25日(土)午後1時00分から
  場所 産業文化センター 2階集会室
  内容 総会前の最終打合せほか
▲TOPへ
 
 
 
 
 
 
 

〒358-8511 埼玉県入間市豊岡 1-16-1 環境経済部環境課
TEL:04-2964-1111 FAX:04-2965-0232